Top > 全イベント一覧 > 年月 イベント一覧 > 高知県口のリハビリテーション研究会

高知県口のリハビリテーション研究会

【実施日:2022年11月6日】

人生の最終段階で、経口摂取が困難になったとき、「鼻から管を入れられてまで生きていたくない!」と元気なころにおっしゃっていた患者さんが、病気で意思疎通不能となり、家族の意向で鼻から管を入れられて寝たきりになっている、そんな場面を見たことはないですか。この状況をどのように考えればいいのでしょうか。それを解決する手段の一つとして、厚生労働省が提唱したのが「人生会議」です。その第一人者の講師から「人生会議」とは何か、いかに考えるべきかということについて学びます。

日時

令和4年11月6日(日)10:00~12:10

開催方法

ZOOMによるオンライン開催(先着500名まで)

参加費

医師・歯科医師 2000円

その他の職種・一般 1000円(学生500円)

 

※歯科医師、歯科衛生士:生涯研修単位の取得が可能です

プログラム

司会:高知県口のリハビリテーション研究会世話人 中野 知子

 

10:00 開会のあいさつ

             株式会社フードケア 商品紹介

 

10:10 講演 座長:高知県口のリハビリテーション研究会代表世話人 宮本 寛

     テーマ「食べられなくなったらどうしますか?

     -人工栄養で生きるということを考えるー」

             講師:東京大学大学院人文社会系研究科 死生学・応用倫理センター

     上廣講座 特任教授 会田 薫子氏

    

11:50 質疑応答

 

12:10 閉会

 

主催

高知県口のリハビリテーション研究会

 

共催

株式会社 フードケア

講演のお問い合わせ先

高知県口のリハビリテーション研究会 事務局

担当:植田・原

TEL:088-824-3400

E-mail:kuchiriha@kochi8020.com

チラシのダウンロード